マーケティングを勉強するのにおすすめの本

中小企業診断士試験の範囲にはマーケティングも含まれています。

マーケティングは個人的には自分の仕事にも直結することだったので、楽しく勉強をしました。

そして中小企業診断士の資格を取得した後、
私はBtoB専門のマーケティングコンサルタントとして独立しています。
BtoBマーケティングのサイトはこちら

なお、当たり前ですがマーケティングについては、資格取得後もかなり勉強しています。
いろいろな本も読みましたし、セミナーにも参加しています。
セミナーもかなり高額なものにも参加しています。

中小企業診断士の勉強をしている中でマーケティングに興味を持って、もっとマーケティングの勉強をしたいという方にいくつかおすすめの本をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめのマーケティングの本

新人OLつぶれかけの会社をまかされる(佐藤 義典)

佐藤義典さんは、MBAと中小企業診断士の資格も持たれている方です。
現役バリバリのマーケティングコンサルタントです。
※ちなみに私は佐藤さんのセミナーにも参加しました。

この「新人OLつぶれかけの会社をまかされる」は、小説なのですが、マーケティングのことがとても分かりやすく書かれています。
ちょっと表紙がビジネス書っぽくはないですが、内容は本当にしっかりしています。
ストーリーも面白いので、マーケティングの入門書としてよいと思います。

図解 実戦マーケティング戦略(佐藤 義典)

こちらも佐藤義典さんの本です。
この「実戦マーケティング戦略」は、増刷を重ねるベストセラーです。
佐藤義典さんの開発したフレームワークである「BASiCS」を中心に、実践的なマーケティング戦略について体系的に、そして分かりやすく書かれています。

ハイパワー・マーケティング(ジェイ・エイブラハム)

世界No.1とも言われるマーケッター、マーケティングコンサルタントであるジェイ・エイブラハムの本です。
※ちなみに私はジェイ・エイブラハムのセミナーにも参加しました。

様々なマーケッターに影響を与えている本です。
普遍的で実践的なマーケティング戦略が書かれており、マーケティングを勉強するならはずせない一冊です。

ここでご紹介した3冊を読むだけでも、マーケティングに関してかなり学べると思います。
ほかにもおすすめの本はいろいろとありますが、まずはこの3冊から始めてみるとよいと思います。

通勤講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする