29年度 中小企業診断士第2次筆記試験 合格発表!

平成29年度の中小企業診断士2次試験の筆記試験の合格発表がありました。

合格された方はおめでとうございます!
これまでの努力が報われて本当によかったですね。

また、残念ながら不合格となった方。
とても悔しく、つらいお気持ちかもしれません。
しかし、2次試験で合格できるかどうかの差は、ほんの少しだったりします。
ぜひ来年、再チャレンジして合格を勝ち取ってください。
2次試験の勉強法はこちら

今年度の2次試験の結果を見ると

  • 申込者数     4,453人
  • 受験者数(A) 4,279人
  • 合格者数(B)  830人
  • 合格率(B/A) 19.4%

とのことです。
昨年度は合格率19.2%でした。
ですので合格率19.4%なので難易度としては、平均的というところでしょうか。

次は口述試験

さて、2次の筆記試験に合格された方は次は口述試験へと移りますね。
この口述試験は、ほぼ全員合格できますので気楽に受けてください。

とはいえ、初めての経験なので心配な方もいらっしゃると思います。

そんな方は私の口述試験の体験記を見てみると参考になるかもしれません。
口述試験の体験記はこちら

ぜひ合格してください。

そして、実務補習

口述試験に合格するとその次は実務補習へと移ります。

まだ少し先の話なので実感はないかもしれませんが、
実際の企業を訪問しコンサルティングを行う貴重な場です。
事前に情報を得ておいて、心構えができているとより良い結果が出せるかと思います。

私の実務補習体験談が参考になると思いますので、ご覧になってみてください。
実務補習の体験談

さらには独立

まだ少し気が早いかもしれませんが、来年には中小企業診断士になれるわけです。

せっかく中小企業診断士となったからには、
独立したいという方もいらっしゃることでしょう。

私自身、資格取得後すぐに独立をしました。
そして、6か月後には月商100万円を達成し、
その後も月商100万円以上が当たり前になっています。

中小企業診断士の資格を取得でき、
また独立して本当によかったなと思っています。

やりたいことを仕事にし、自由を手に入れ、
企業・経営者に貢献し、経済的にも潤う
という状態になることができているからです。

ぜひそのような状態になる中小企業診断士が
増えてほしいと思っています。

独立した後、独立1年目からでも
継続的にクライアントを獲得するための
ノウハウをお伝えしている無料PDFがあります。

ぜひダウンロードしてみてください。

士業・コンサルタントのクライアント獲得5ステップ

通勤講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク