勉強の習慣化が重要

中小企業診断士試験は難易度の高い資格です。
7科目もあり、けっこうな勉強をしないとなかなか合格できません。

一般的に中小企業診断士試験に合格するには、1000時間は必要といわれています。
そんな難関資格である中小企業診断士試験に短期間で合格するためには、勉強を習慣化することが大切になってきます。

とはいえ、習慣化するのもそう難しく考える必要はありません。

私のおすすめとしてはスキマ時間を有効活用することです。

例えば、

  • 通勤時間中にテキストを読む
  • 電車の中で過去問を解く
  • 歩いてるときに音声を聞く

といったことです。

もともと何もしていない時間を勉強時間に回すことで、結構な勉強時間を確保できます。
そして、もともと暇な時間だったものが有意義になるので習慣化しやすいです。

毎日、長時間確保して勉強をしなければ、と思い込むと、ストレスを感じてしまいます。
そうではなく、短い時間でも苦を感じずに勉強する回数を増やせばよいのです。

そしてそれが習慣化していくことで、休みの日には集中して勉強しようという習慣もついてきます。

難しく考えず、まずはスキマ時間を有効活用することを考えることをお勧めします。

なお、スキマ時間を有効活用するのに最適な教材として、私がおすすめするのは
中小企業診断士 通勤講座」です。

スマホでテキストを見れたり、過去問を解けたり
音声で勉強できたりするので、本当に効率的に勉強できます。

短期間で中小企業診断士試験に合格したいなら、おすすめです。
独学、通信講座を考えている人は、一度通勤講座の無料講座を試してみてはいかがでしょうか。

中小企業診断士 通勤講座の詳細はこちら

通勤講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク