中小企業診断士試験 残り1か月の過ごし方

中小企業診断士1次試験まであと1か月。
ラストスパートとなります。

この1か月の過ごし方はとても重要です。

ただし、ここは2パターンに分かれます。

その基準となるのは、全ての科目について過去問の正答率です。

①全科目の過去問の正答率が80%以上出せるのか?
もしくは
②1科目でも正答率80%未満があるか?
によってかわります。

①の方には、2次試験の勉強を一度してみることをおすすめします。

全科目の過去問の正答率が80%以上出せているのであれば
ほぼ一次試験の合格は間違いないです。

中小企業診断士試験では二次試験が重要になってきます。
この二次試験対策を早めにやっておいたほうがよいです。

そして、二次試験対策を少しやっておくと
一次試験への対策にもつながる部分が出てきます。

ですので、①の方は2次試験対策を少しやってみるとよいです。

②の方は、苦手科目を克服することをおすすめします。

1科目でも40点未満があると足きりになってしまいます。
過去問を何度も解いているにもかかわらず
80点未満があるということはそれは本番でまずい結果になりかねません。

もし80点未満があるのであれば、その科目の去問を解きまくることが大切です。

通勤講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク