中小企業診断士試験 残り2か月の過ごし方

中小企業診断士の一次試験は8月に行われます。

残り2か月となる6月からの過ごし方は大切です。

この時期までには一通り全ての科目の勉強は終えておくべきです。

そして残り2か月はひたすら過去問を解くことをおすすめします。

少なくとも5年分の過去問を、解きまくることです。

どこまでやるかというと、すべての年度のすべての科目で80点以上取れるようになるまでやるとよいです。

苦手な科目こそ何度も何度も解いて、80点以上とれるようになるまで行けるようにしておくとよいです。
間違えた箇所を見直し、勉強しなおし、そしてまた解くのです。

何度も繰り返し解いていると80点以上が取れて当たり前と思うかもしれませんが、これが重要なのです。

ここまでやっておけば、ほぼ一次試験の合格は間違いないです。

残り2か月は過去問を解きまくることをおすすめします。

なお、繰り返し説くときのポイントは実際の制限時間よりも、5分~10分は短めに設定しておくほうがよいです。
実際の試験では時間的なプレッシャーもあるので。

通勤講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク