中小企業診断士 一年目がやるべきこと

中小企業診断士試験に合格し、実務補修を終えたとはいえ、コンサルタントとしてはまだまだ未熟者です。
というより、実際にコンサルティングでお金をもらっていない以上、未熟者というよりコンサルタントにすらなっていないといえるでしょう。

コンサルタントとなるために一番必要なものは、やはり経験でしょう。
とはいえ、企業勤めをしている方にとっては、なかなか本格的なコンサルティング経験を得ることは難しいです。

コンサルタントとして一人前にならないと、コンサルティング経験は得られず
コンサルティング経験がないと、一人前のコンサルタントになれない

一見すると鶏と卵のようです。
ですが、この場合はやはりコンサルティング経験を得る活動を行うことが手っ取り早いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

協会の研究会

私は東京在住なので東京都中小企業診断士協会に入会しました。
そして、東京都中小企業診断士協会のスプリングフォーラムで数多くの研究会の存在を知りました。

経験を積むためには、誰かから仕事をとってこなければならないのですが、最初から一人で仕事をとることも難しいのも現状です。
そんな中で経験を積むためには、研究会に入るのが一番早いかもしれません。

一口に研究会といっても、プロコン塾や、とても厳しいノルマがあるもの、ゆるい感じのもの、座学で終わってしまうものなどいろいろあります。

どのような研究会に入るのがよいのかは、人それぞれです。(もちろん入らないという選択肢もあります)

厳しくても経験を積めるものがよい、あるいは、楽に実務ポイントを稼げるものがよいのか、という観点もありますし、
自分の得意分野を伸ばしたい、あるいは、自分の苦手分野を補いたい、という観点もあります。

私の場合は、どちらかというと自分の得意分野を伸ばせ、早く経験を積める研究会がよいと考えました。
また、一年目はいろいろと経験したほうがよいと思うので、いろんな研究会を見学させていただきました。
そして、一人前のコンサルタントになりたいと思っているので、プロコン塾に入るとともに厳しめの研究会複数に入ることにしました。

それぞれの立場や環境にもよりますが、結局は自分が将来どうなりたいか、ということが重要な要因かなと思います。

私としては自分なりに選んだ研究会に所属し経験を積むことで、来年はどうなっているかが楽しみです。

通勤講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする