中小企業診断士が独立するために必要なこと

「中小企業診断士の資格を取得するからには独立したい」
そう思う方も多いと思います。

kokufuku

しかし、同時に「独立しても食べていけるかが心配」
という不安もあると思います。

そんな方のために独立に必要なことをお伝えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

独立するために必要なこと

中小企業診断士の資格を持ったからと言って
資格や肩書だけでは仕事を得ることはできません。

知識やノウハウ、実績も重要ではありますが
それ以上に「顧客を獲得する力」が求められます。
ピーター・ドラッカーは、経営の目的を
「顧客の創造と維持である」と言っています。

中小企業診断士、経営コンサルタントであっても
ビジネスですからこの「顧客獲得力」が重要なのです。

この「顧客獲得力」を言い換えてみると
「顧客があなたと契約をしたい」
と思ってもらう力とも言えます。

では、どうすれば「契約したい」
と思ってもらうことができるでしょうか。

顧客心理を考えると大きく2つの要素が必要です。

それは、「得られる価値」「信頼感」です。

得られる価値とは?

中小企業診断士として独立するということは
対象の顧客は企業や個人事業主です。
つまりBtoBのビジネスになります。

企業や経営者は「投資対効果」を重視します。

ですので、あなたのコンサルティングを受けることで
「得られる価値」が「コンサルティング費用」よりも
大きいと思ってもらう必要があるのです。

「価値」を感じてもらうためには
どのような効果があるのかということを
具体的に提示する必要があります。

分かりやすい例でいうと
「売上が○○万円上がる」
「コストが○○万円下がる」
といったことです。

直接的であれ、間接的であれ
BS(貸借対照表)PL(損益計算書)CF(キャッシュフロー)
のどれかを改善できることを提示することが大切です。

信頼感とは?

ただし、ここで「得られる価値」を伝えられたとしても
「信頼感」がなければ契約はしてもらえません。

なぜなら顧客は
・怪しい人からは買いたくない
・本当に効果があるか疑わしい
・コンサル費用を払っても無駄になるのではないか
といった不安を持っているからです。

ですので、専門家として信頼に足る人物である
ということをアピールする必要があるのです。
このように顧客を獲得するためには
「得られる価値」「信頼感」
重要な要素となってきます。

それぞれをどのように伝えていけばいいかは
また別の機会にお伝えしたいと思います。

独立したい方はこちらが参考になるはずです。
↓↓

企業に選ばれるコンサルタントになるためのB2Bマーケティング 無料メール講座

shosai1

通勤講座
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする